「次の100年」を見据えて半年、仕事を止める

こんにちはザ・コアの西田です。

先日、ある人のFBを見ていて「そうだ、そうなんだ」と思った。

僕がyoutubeの1000本戦略を教わった菅谷さんという方が記事で書いていたのを読んで。

「130年の伝統あるホテルが「次の100年」を見据えて、半年、仕事を止めるわけです。」

記事はこちら

何がそうなんだ、かというと、今、「西田経営学院」にむけて2,3月そしてほぼ、4月も、3カ月、目先の業務を止めて、毎日毎日、これにばかり取り組んでいます。

講座を待ってくれて、今、どこで募集していますか? どこから申し込めますか?と聞いてくれる方もいるのですが、ちょっと待っててくださいね。
ほんと、もうすぐなんです。

西田の凡人の凡人による凡人のための成功法則のための次の10年、20年のための3カ月です。

ちょこちょこと何かを販売するという目の前の業務をすると、頭が戦術頭になってしまい、大きな絵が描けなくなってしまいます。

今、大きな絵 → 毎日の戦術、この大きな絵をこの先、日常的にしっかりと業務に落とし込むための細かい作り込みと詰めをしています。

お金を稼いで、ある期間セミリタイヤみたいに決めてお休みするのと違って、頭はずっと仕事頭ですから「業務をしない」ことに不安がよぎることはたくさんあります。

でも、こうして、大きな絵から作っていかないと、1年を10回繰り返してしまいます。10年でできることを過小評価しない。

僕はドラッカーが幼少の時に恩師に問われたという「50歳で何によって覚えられたいか?」を追求してここまで来ました。

狭い世界ですが、ビジネスで人が集まるところにいけば、一人型、1人ビジネスの経営〜の西田で覚えていただくことができ、それが本意なので、そうしてきたことへ「よし!」です。

次の10年は、

西田経営

西田経営学院

西田式経営

を確立して、一人型の人の経営の拠り所、依って立つ教育の、学習の、集いの場として、唯一無二の場にし続けることです。

サイズをどこまでにしよう、とか、拡大しようとかそういう数字的な狙いで無く、

研ぎ澄ませていく
錬磨していく、
価値を高めていく

そのための一番大きな設計図から日常の行動までが一気通貫になって、毎日の判断でいちいち迷わなくていいように、戦略と戦術の「つなぎ込み」をしています。「PJ317」ですね。

だから、菅谷さんの記事を読んで膝を打ったというわけです。

僕は僕でけっこう不安な訳ですから(笑)

にしだ拝

 

追伸

 

今度の経営カフェ お試し接続編

明日 4/7(金)15:00 から

接続?って何?の流れ
= ものすごく丁寧に解説してくれていますので
超オススメです。

こちら

先日、声を出してくれ、顔を見せてくれなんて、言いましたが、心理的に怖いなぁ、、、、と言う人は、聞くだけ参加でもOKですよ。
最初はベビーステップで。

 
あなたの友達・親戚に経営の情報が必要な時に教えたいと思う良い経営の情報がおありですか?
ある → ぜひ、その方を教えてあげてください。
ない → 良かったら私の情報をお届けいたしますね ↓ ↓ ↓
メルアド1分で登録できます。
  ↓
【こちらを今すぐクリック!】