商品開発シリーズ⑩多くの人がお客さんの悩みを何となくしか分かっていない

Pocket

こんにちは、西田光弘です。

このシリーズでは、商品開発について扱っています。

今のこのビデオの前にももう約10本ぐらいありますので、そっちも見てみてください。

今回はその中で、悩みということについてお話をしていきます。

例えば、体型に問題、問題と言うか課題、悩みがある人というのがいるとします。

そうすると、それを例えば、僕は意外と中肉中背というか、そんなに太っていないのですけれども、僕ぐらいのスタイルの人でも、体型に悩みを抱えている人、悩みと言うのか、やはり課題ですね、そういう人っています。

そして僕よりも見てくれ的に明らかに太目なのに、そこに悩みとか課題を抱えていない人っています。

ですので、悩みというのは多くの場合、非常に個人の価値観にすごく寄る訳です。

ですから、では体型を見て、「あなたの悩みってこうですね」とか言われたとしても、「いや別に」となる人ももちろんいる訳です。

そうすると、ではどうやってその悩みを特定していったらいいのか、というところが。

これが、悩みが分かる、それを裏返して解決してあげられる、これを解決できる商品がある。

悩みが分かる、そうするとここが、商品を媒体として、その商品と解決策とその人の悩みというのが結びつくので、そうするとものが売れる訳です。

非常に当たり前のことを言っているよな、と思うのですけれども、多くの人が、コンサルティングの講座をやっていて、お客さんの悩みを何となくしか分かっていないので、悩みを抽出するということがどんなに大事なのかということを、ここから一連のお話をしていきますので。

悩み、課題、問題、ちょっと言い方は色々ですけれども、本当に是非、頭に叩き込んでいただければと思います。

では、ステップバイステップでお話をしていきましょう。

【動画はこちら】

無料講座購読
【今の戦力のまま半年以内に銀行預金残高を3.8倍にする方法】
全7回の動画と「お金が残りやすい会社にする方法(無料PDF)」で手に入れてください。
【こちらを今すぐクリック!】

Pocket

follow us in feedly