進歩ではなく、進化する感覚に。人生がスライドする。

Pocket

 

こんにちは 西田です。

「もっと成長」とか「もっと儲かる体質に」とか「効率を良くしたい」とか

「ライバルと競争しない」「すり減らない経営」にする・したい

・・・と思っているなら避けては通れないのが「利益」でしたよね?

さぁ、今日はもう一歩踏み込んだ「利益」の話をしましょう。
どうしても、「そういう頭の痛いこと」は避けたいし
見たくないんだよなぁということであれば
再三言ってきましたが、「今すぐ解除!」(笑)
---- いくつかある「利益」 ----
「利益」と言っても人によって言っていることが違う、
対象が違う話をして「利益」が出るとか出ないとか言います。

ちなみに、

粗利からたくさんの給料を自分に支払ったら、
会社の手残り利益はいくらでも少なくできるし
手残りを多くしたければ、給料を減らせばいい。

こういう恣意性が高く自分に甘いことが許される経営をしていては

……………………………………………………………………………
「もっと成長」とか「もっと儲かる体質に」とか「効率を良くしたい」とか
「ライバルと競争しない」「すり減らない経営」にする・したい
……………………………………………………………………………

は無理です。

【恣意性の高い「利益」】とは
= 営業利益・経常利益・税引き前利益・当期利益

え、全部じゃん・・・て思ったあなたはなかなかいけてます。(笑)

はい、一つ以外、全部です。
全部、自分のさじ加減でなんとでもなる。

営業利益。

たとえば、デニーズの領収書を「経費」に入れると?
たとえば、奥さんの給料を増やすと?
たとえば、期末に近づいて「節税」をすると
たとえば、たとえば・・・きりがない(笑)
唯一、

自分ではどうにもコントロールできない
絶対の「利益」があります。

それを追い求めることが、「統合的経営」を実現します。

 

----付加価値利益を知っているか?----

 

それがご案内のページでも書いた「1人あたり付加価値」です。

あなたは、自分のビジネスの「付加価値額」を知っていますでしょうか?

知らない?
それじゃぁ~、やばいです。

冬山を短パン・Tシャツで歩いているみたいなものなんですよ(笑)?

「付加価値?あ、もちろん知ってますよ。そのために日夜努力を・・・」

「いやぁ僕のビジネスはお客さんによそに
なかなかない付加価値を提供していますよ」

なんて、ひそかに思っていませんか?

それを証明するのは、どうやって?あなたの努力?
お客様が喜んでくれた「かけてくれた言葉?」
それでは、利益を計れません

それを計測できるのが唯一、粗利です。
「粗利」だけが自分がコントロールしたくてもコントロールできない
「利益」です。

でしょ?

あなたが勝手に値上げして、いくつかは売れるだろうけど
それで、成り立つほどに売れ続けるか・・・?
損益計算書の「売上総利益」が≒ と思ってもらっていいです。
(今の段階では)

それが、1億円としましょうね。

そのビジネスがビジネスとして、効率が良くて、
株主によりリターンを支払えそうなのは
従業員が多い方ですか?少ない方ですか?

株主として考えてみてくださいね。

少ない人数でやった方がいいだろう、って、思いますよ、株主は。

思いませんか?

あなたが1000万円出しているとして、そのお金が使われて
ビジネスをしていて、

「もっと雇用を増やして、もっと世の中に貢献してくれたらいいよ」
と、もちろん僕にだってそういうのがいいなぁという心持ちだってあります。

しかし、より少ない人件費でやってくれたら、
より儲かりがでるのに・・・と普通思います。

だって、自分の金が・・・でしょう?

と僕は思います。
だとしたら、

付加価値額を少ない人数で実現するビジネスを評価するには?

→ → → →  「1人あたり付加価値額」です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今すぐ、暗算でいいので計算してみてください。

---- あなたの会社を計算するワーク ----

 

損益計算書の「売上総利益」÷スタッフ数
※常勤を1人(ここでは100時間/月以上は1人)
パートやバイトは時間で按分

どうですか?

それが、

1.2000万円になっていますか?
2.ここ3年どんな傾向ですか?

株主(くどいですが、あなたです、あなた自身)が、

まともなリターンを手にするためには1が必要だし
来年もまた、今年よりも利回りが良くなることを期待するのが株主

ですよね?

さて

数回にわたって
1.会社(自社法人)を利回りで考える
2.正しい年収・目標の決め方
3.働く時間の決め方

の1.をお話ししてきました。

残りの2.3の2つも超大事です。

「競争しない経営のための3つの基準」についての特別レポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■会員の方はこちらからダウンロードできます。

→ アクティブセンターログイン

■登録がまだの方はこちらから登録後ダウンロードできます。

 

---- もっと良くなりたいあなたへ  ----

 

【ザ・コア】で西田がお届けするのは、すべてそこに向かう
「経営の様々な側面からの見方・情報」です。

気づきを得て、自分のビジネスを振り返って、
我に返って、「あ~、そうなんだ」「だから儲からなかったんだ」
「お金が残らなかったんだ」「バタ貧だったんだ」「よし改善しよう」
そう思ってもらえればメチャクチャうれしいです。

・・・が、それだけでは物足りない。

もっと知的にアクティビティが高いあなたで、
今、今期~来期でもっともっと積極的に
利益について学びたい、経営について学びたい、もっと良くなりたい、

……………………………………………………………………………
「もっと成長」とか「もっと儲かる体質に」とか「効率を良くしたい」とか
「ライバルと競争しない」「すり減らない経営」にする・したい
……………………………………………………………………………

と、おもっているとしたら、

すべてを「体系的に」「順番に」「ステップバイステップ」で
現時点でもっとも結果が出やすい順番に並べて

あなたが【あなたの事業】で実践するために

西田もっとも力を入れて、魂を込めて送り出しているのが

【ザ・コアゴールド】です。

1人あたり付加価値額、これをアットマーク、@と呼びますが
@2,000を実現するために、網羅的・統合的にお届けする
「パラダイムシフト」を月刊でお届けするサービスです。

経営情報としてめちゃめちゃレベルが高いです。
このままでMBAのコースよりも実践的です。

MBAよりレベルが高く実践的なのに
専門用語をほとんど使っていません。

毎月触れて、じぶんごととして考えて、実践するだけで
経営の専門家として自分の経営を「統合的」に見られるように
「なってしまう」
なろうなろう、と努力するのは大変なんです。
心が折れます。

覚えないといけないことが多すぎて、やってられません。

【あなたの事業】のことだけを考えていれば

「なってしまう」

すると・・・

→ 経営が改善されていってしまう。

すると・・・

→ 儲かってきてしまう

すると・・・

→ 時間が余り始める

すると・・・

→ 余裕ができるので、経営に投資ができるようになって

すると・・・

今日もバタ貧で、競争しているライバルたちは
余裕も投資もできないので、
余裕をもって投資している

→ あなたとの差はどんどん開き

もう、後方を写すバックミラーにすら映らなくなって
→ 1人無人の野を行く、になります。

心穏やかですよ^^
声のほんの、、ほんの、ほんの一例を紹介しますね。

……………………………………………………………………………
●いまの仕事は、週2日で終わらせて、残りの時間は、商品開発
+販売方法で、そして、実行にしていく感じに、人生がスライド
しつつあります。なにか、生きている感じがします(笑)

●資本家の目線から、いまの世界をすべて見直してみるという観点と、
いま大半の時間をしめている大して重要でない事項を切り離す
(やらない、すてる、外注に出す)という手法で、既存ビジネスも、
新規ビジネスとも、ともに役に立つ内容でした。ありがとうございました。

●DMの内容も聞けて、さらに役立ちました。横移動と縦移動の
やり方を間違うと、失敗すべく失敗してしまいますね。

●進歩(100メートル、15秒→12秒)ではなくて、
進化(走れる→飛べる)のような感覚があります。

●脳みそCPUでファンが回っている音がしていそうです。(笑)
ほぼ永久に辿り着けなかった領域をいま体感しております。
ありがとうございます。
……………………………………………………………………………

実際、僕もそうしていることを、全くビジネスが違う、
性格も違う、利益も出るも違う、なにもかも違う複数の人が
同じように変わっていきます。
この【ザ・コアゴールド】は
西田光弘が自信をもってお勧めしたい
あなたの大事な大事なお金の「遣い方」です。

では、また明日、お知らせしますね。
気軽にメールくださいね。

→ メールフォームはこちらから

 

にしだ拝

 

……………………………………………………………………………
【アクティブセンター】について
……………………………………………………………………………

|  件名【アクティブセンター】のお知らせ、
|  というメールにID/パスワードが書いてあります。
|  迷惑メール・捨ててしまった場合はこちらから
| ■パスワード再発行

→ こちらから

Pocket

follow us in feedly