コンビニバイトが50万円講座を売った

こんばんは にしだです。

さっき、買い物に行ってコロッケを買って食べながら歩いてきた。いつもならまっすぐ歩く道を一本右に入った。その方が遠回りだから。まっすぐ帰っちゃうと家に着くまでに食べ終わらない。右から少し遠回りするとちょうど食べ終わる、だから。

最短距離はいいこと?
遠回りは準じてそれより悪いこと?

目的地に速く着くことなら最短距離がそれにかなった正しい行動。その間に体験したいことが目的なら、最短距離以外でも正しい行動。

もしも、もしもあなたが、ビジネスの「今年一年」「前期の成績」「最近の調子」が思ったよりも「悪い」と思っている。そして、今年はなんとか、と。それは、「それ」を体験したかったら。そうだったのかもしれません。間違っていない。そのための正しい行動、体験をしていたんですよ、きっと。

なんでこんな話しをするのか?今の日本、特にビジネス界は、特に上場企業で外部利害関係者がいるわけでも無いのに「速い成功」だけが「価値」になっている。まぁ、しょうがないですね。なんでもかんでも「アメリカ発」「初上陸!」みたいなのが売れますから、あなたの頭の中も

「速い成功」=価値
遅い=敗残、上手く行っていない

にさせられてしまっている。それだと本当の力が付かないのが経営なんですよ、と伝えたいのです。去年、昨期、前期、最近、もたもたしていたわけでは無いのです。

「それが体験したかった」

そして、あなたはそれはもう、体験した。

その次が僕は問題、大事だと思う。また、速いを価値にしていると、同じ事を繰り返す。そして、きっとこう思う。「なんで、おれはこういつも同じ事を繰り返すんだろう、成長しないな、だめだな、オレ」

違うんです。気が付けばいいんです。じっくりとした時間のかけ方、歩き方、生き方、行き方が「正しい」目的を持つことに。

経営学院の前説動画

こちらを見た方には御案内をお送りしていきます。

それが経営です。経営の力を付けるのです。「力」なので、トレーニングすれば付きます、強くなります。使いこなせるようになります。上手になります。経営のパワーがあって上手に使いこなせれば、知らないで経営していた去年、昨期、前年よりも良くなるに決まっています。それが、経営パワーをつけるって事です。コロッケ喰いながら思いついたので。

でね、先日、書いた、新しいサイトのために全商品を整理しているのですが、こんな風になりました。

経営力を高める三種の神器
資本主義完全攻略音声
経営戦略・差別化・マーケティング
銀行口座に残る現金が増え続ける

仕組み・戦略力を磨く
14日間で利益10倍にする
売れるコンセプトのつくり方
売れる商品を生み出せる商品開発

お金力を高める
お金の心配なんて笑い飛ばす

単位時間当たり生産力を高める
成果が出る人 VS 成果が出づらい人の違い
タスク管理に一生迷わない「最強」仕事術

この世界の隠された構造
理想の毎日に一歩ずつ近づき続ける秘密
13週間人生ライン乗り換えプログラム

これだけあなたは経営力を高める「部位」があるんです。

良くしかならない。
強くしかならない。
うまくしかならない

西田経営学院 学長 西田光弘拝

追伸

先日お知らせしたBBQ、ペライチが使いたくて作っちゃいました。(見てね(笑))
→ https://peraichi.com/landing_pages/view/bbq20170824

それから、これ、超お得なセミナーをちゃんと案内していなかった・・・これは謝らないと m(..)m

【西田経営コミュニティ】
第一部:@2000ゲストパネルインタビュー
第二部:コンビニバイトから50万円のオンライン講座を提供できるオンラインのやり方
→ http://the-core.jp/lp/usf/dmccom20170806.html

FB公開イベント(誰でも見られるようにしました)
→ https://www.facebook.com/events/289173471489955/