偉大ではなく肥大だった

こんにちは 西田です。

今日、月次決算が完了しました。

11月は1,2,3が3連休ですから
今日が月明け初日ですね。

10月の決算が今日には出ています。

10月にやったことなら、
売上に関わることも
支出・経費・投資に関わることも
ほぼ覚えています。

ビジネスで大事なことは

やったことが

・上手くいったのか?いっているのか?ですね。

 上手くいっているならもっとやる
 いっていないなら

 改善するかやめる

 では、「上手くいく」とはモノサシは、基準は?

 人生万事必然 ~ 万事塞翁が馬、も、
 
 もちろん、結果的に「うまくいった」でしょうから

 巧拙の決算が、ず~~~っとあとでも
 結局それは、上手くいっていた、と言えるかも知れませんね。

 それでいいと思います。

 あなたがあなたの事業を凡庸な事業で良しとするのなら。

 僕は、

 大きさでは無い

 偉大な事業・経営にする人と
 仕事がしたいなぁ、と言い続けていますが

 西田語:「偉大」を参照し、ボキャブラリーを増やすなら ↓

 ⇒ こちら

 ▼

 その一つが、決算です。

 決算がダメな会社でも

 売上がガンガン上がっていてスタッフも増えていて、
 イケイケ、「偉大」そうな会社や
 個人程度の人数でも乗りに乗っている人もいます。

 でも、「偉大にむかっている」のか「ただ、肥大している」
 
 それは本人だけが知っていると思います。
 
 自分の経営が偉大の域に近づいているか?どうか?

 やってもやっても ・・・・・・なら

 なにか違うはずです。
 
 偉大か肥大か?(笑)

 その舵修正を速くする方策が「月次決算」です。

 もちろん月次決算が上手でも売るのが下手で
 ビジネスが下手なら、決算ごっこの会社ですから
 その上で攻める、守る。

 それが僕がアットマーク経営。

 あなたもアットマーク経営を導入できるか?

 できますよ^^簡単です。

 毎月、最低、10日までに仮決算をする。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 それだけです。

 まずは
 ~~~~~

 掛け取引だけでも、「月末までに締める」
 そこからはじめてはいかがでしょう?

 簡単でしょう?

 にしだ拝

 追伸:あした、2期募集のために説明会(横浜)最後です。

 ⇒ こちら