【80対20の目標設定】Part⑥常識的なルートを疑う

こんにちは、西田光弘です。

今回は、ニハチ。80対20についてお話をしています。

その中でもニハチウェイ、80・20ルートなんていうふうに呼んでいるのをどうやって発見していくのか、どうやって決めていくのかということについてお話をしています。

80対20の場合は簡単に言うと、最小の投資で最大のリターンを求めると、こういう考え方になりますので、今やっているやり方、ルートを、何か常識的じゃないかというふうに疑ってみるわけです。

つまり、常識的に最大の努力をすれば最大のリターンがとれるんじゃないかなと思ってたくさん努力をしているとしたら、それは常識的であるので、間違いなくそれはニハチウェイではないということなんです。

おそらく80%の要因が20パーセンの結果しか生まないというそちら側の常識的なルートだということですので、そのやり方をいかに最小の努力にできないのかなというふうに、削っていく削っていく削っていくというふうに考えてみることをお奨めします。

そして、削っても削ってもあまりその努力量が減らないんであれば、それはやっぱり常識的なルートでしかないので、そのやり方はもうやめようというふうに考えることをお奨めします。

一度、今の目標に対するルートのとり方をチェックしてみてください。

【動画はこちら】