いつも憂鬱になるこの時

Pocket

 こんにちは 1人ビジネスの西田です。また、メルマガが時間が空いてしまいました。こういうときってサボっていると言うよりも、何倍も頭が脳作業絶賛進行中&悶絶中なのですね~。

 今日は、セールスレターを書き上げる裏舞台、をお話ししますね。きっと参考になりますよ。同じ状態を味わったときに、あ、これでいいんだ、ってわかるので。

 さて前回「整合性のあるプログラム、内容、価値になったと思います。」と書いたのですが、サービス内容は決まった。それを表現物としてのライティング、レター、お手紙、しかも、色々なステータスのお客様に、今~近い未来~数年後も使える内容にするという、けっこうな一大作業を進行中です。

 で、その時に、もっとも大事なのが、読み始めたときに「どこかで読んだことがあるな。なんか、○○と同じ感じ」とか、「なんとなく見たことがある」とか聞いたことのある話しではダメなわけです。(僕の基準ですが、汎用性ある)

 今回の西田経営学院はなおさらです。今後、内容にチューニングはずっと、始終、四六時中、365日続けていって、改善していくのですが、それでも、元となる「商品・サービス」として

・あらゆる他の教材との整合性
・サービスグレードでの整合性
・自分が提供できるできないの整合性
・それを使うことでどうなれそうかのサービス毎の親和性

 そして、これお役に立つと思いますので、参考にしてください。

販売難易度
納品難易度
納品継続性

などもサービス設計の時にめちゃくちゃ重要です。

 そして、セールスレター=あなたへのラブレターとして、書き上げていく。お客さんへのラブレターは「商品・サービス」仕様書でも無いし、取扱説明書でも無いし、役所においてあるパンフレットでも無い。

 西田語で言えば
 丸(○)から 星(☆) へ行けるのか

             ☆

        /
  ○

 行ったらどうなれるのか?そこって本当に行きたいのか?(レターのやり方の一つとして)変に恫喝して感情に訴えすぎていないか、商品仕様書としても、何が手に入るのか、ちゃんと伝わっているのか、それは、自分のものなのか、それとも自分にはふさわしくないのか、の判断できる基準はあるのか、などなど、を書き上げるのに、

・過去の様々なレター(合計100ページくらい)
・今、自分がヒットした人のレター(50ページくらい)
・他のプロモーションで書き留めた言葉
・ノートに書いてある言葉達

を全部、一つのファイル名にぶっ込みます。これを始める前に僕はイツも憂うつになります。あ、、、、、、あれが又来るのか、と。でも、それがたまらなく好きでもある(笑)

 そこから僕の場合、いくつかの話しの流れに沿って、文字通り、カット&ペーストを繰り返します。(この辺が一番きつい)箱から床にぶちまけた1000ピースのパズル状態

 しかも、まだ僕の中には、パズルの完成図の写真はモヤの中なので・・・。とにかく、まずはピースを全部、表にする。青は青で集める。白っぽいのは白で。赤は赤で。模様っぽいモノは模様で。集める。

 少し、絵が見え始める。あるところで完全に僕の頭の中に「完成図」が見える時が来ることは知っているのですが、それは、この作業を淡々と苦しいけど続けないと絶対に見えないことも知っているんです。

 ここがつらい、きつい、ほんと、投げ出したい、やめたい。誰かにお願いしたい。そんなことを7/14くらいからずっとやっています。で、ブレイクスルーが起きたのが、ようやく7/21でした。まさに「!来た!AHA!」でした。

 で、ようやく、今、パズルで言えば、一番外側を埋めて模様があって埋めやすいところをうめて、あとは単調な色を埋めていく・・・みたいな段階でしょうか。

 お伝えしておきますね。7/27にはお知らせできると思います。あ、それは、まず、僕がお知らせしたいと思っている方達に最初にです。そこから順次、順次、お伝えしていきますね。

 この「ラブレター化する」に入ってから、西田経営学院の「商品・サービス」としてのサービス内容は、破壊的蕩尽と言ってもいいくらいに、受け取る方に意味不明に、お得な「贈与」になっています。

 なぜならそうしないと、僕の整合性がとれないから。10日前に「サービス内容が整った。かなりいい内容になった」をはるかに超える内容になってしまいました。

 今、プランしているのは、この月末から月初に掛けて、第一次募集、お盆当たりで第二次募集、8月末で三次募集。そして、9月からサービスイン。一次募集の方は8月がオマケ期間みたいな位置づけで考えています。

 今、たまたま何か他の投資を考えている、検討しているなら、その財布、一旦決済するの待っておいてくださいね。早く知らせて欲しいはこちらから。7/27 に一番早いお知らせの早期案内リストに登録しておく。
→ こちら

 *破壊的蕩尽=「蕩尽」とは「財産などを使い尽くすこと」を破壊的に行うこと。(または過剰的蕩尽)

 二人の僕がいます。

 「おい、お前やり過ぎだろう、もっと儲かるように、クレバーにやれよ」
 「・・・」
 「もっと削ろうぜ」
 「・・・」
 「最低限でもいいよ、みんなどうせやらないし」
 「オレがさ、自己中心的で、超自己満野郎って知っているよね?」
 「あ?」
 「おれさ、これやりたいの。」
 「これやると自己満足フルパワーなの。オレ自己中で誰にも企画に文句とか説得とかいらないのがいいから一人でやっているんだよ」
 「引っ込んでてくれる?小賢しい西田光弘君」
 「好きにしろよ!!」

ってことで、あと、3日お待ちください。

にしだ拝

 7/27 に一番早いお知らせの早期案内リストに登録しておく。
→ こちら

無料講座購読
【今の戦力のまま半年以内に銀行預金残高を3.8倍にする方法】
全7回の動画と「お金が残りやすい会社にする方法(無料PDF)」で手に入れてください。
【こちらを今すぐクリック!】

Pocket

follow us in feedly