目標を持った気が一番ダメ

Pocket

おはようございます。にしだです。

朝から、暑くて上半身裸でした。
あ、朝、走ったときのことですね。

戻って記録を確認したら、朝っぱらから20℃。

土曜日は120分のゆっくりのLSD(ろんぐすろーでぃすたんす)
ゆっくりと何回も着地を足に踏ませることで、脚を作っていくそうです・・・

地味なマラソンの練習って、ビジネスの改善とか力を付けるのにそっくりでビックリします。

僕は体育会、部活に所属してガチで鍛えたことが無いので、初めての体験です。

毎朝、きち〜〜と起きて走り出す。
なんで、こんなに走るんだろう?と不思議に思うことがありますが、まさにこれが目標の力です。

僕はまったく努力してません。
youtube動画を500本を半年でアップしたときも、ブログを書き続けたときも、101動画を撮ったときも、すんごい努力でしたわけではない。

目標を決めてしまったので、そこに向かってしまっている。

少し時間を巻き戻すと、去年以前

運動しないとな〜とか
ダイエットするか〜とか
走るかぁ〜とか

色々といっつも「思って」いました。

「よし、やろう」なんて思ったこともあります。

その時点を切り取ると、その「現在」から見て、、、、、

昨日書いた

・続ける理由に乏しい
・わからないものを見つけるほどの努力をする理由に乏しい
・今の取り組みとそのほかの取り組みの大事さ、重要さを判断できる目がない
・その過不足の必要性が判断できない

その時の僕の現在は、フリゲート戦艦で港に鎖で繋がれていて、いっこうに動く気配なんかありませんでした。

鹿威しで喩えれば、鹿威しを横長にでは無くて、お尻が付いている側から「カッコーン」てなる方を向こう側にしましょう

鹿威しの下に付いているところの地面が「現在」です。

(水が無ければ)そのままなら、鹿威しはそのままこっち側にお尻がついたまま、永久に止まり続けますよね?

水がぽたぽた垂れて・・・カッコーン!

でも僕らの人生はどうやら、こちら側で止まってしまっている鹿威しみたいです。

どうすれば鹿威しの「カッコーン」みたいに「カッコーン」って向こう側にいっちゃうのか

努力とか行動とかもろもろの「水」が落ち続ければいいんですよね?

でも、水が落ちていない鹿威し。

その状態で、運動していない自分はなんてダメなんだ、とか、ダイエットできない自分はなんてダメなんだ、とかあー、走れない俺はなんてダメなんだ、なんて思いがちです。

そう思うこと自体が、岡目八目でみれば、バカですよね?
「カッコーン」てなる訳ないですよね?

本人だけは違うのは

それは希薄な「なんちゃって目標」で、「こうだったらいいなぁーーーーーー」と いいなぁ、がずっと続いているから、ちっとも目指していないのに「目標を持ってみたつもり状態」=「目標はある」という勘違い、から来ています。

どんな水をどうやって落とせばいいのでしょう。

その西田と走りはじまった西田は、何が違ったのでしょう?

ながーーーーーーーーくなるので、まずは、ひとことで言っちゃいますと、「なっちゃった自分」を想像し続けちゃった、、、んです。

しかも、運動部経験も無いのに、那覇マラソンでサブフォー達成する、とか言う

誰が聞いても「@@」な
「なにを調子いいこと言って」
「まぁ、走ったことの無いやつが言うのはタダだから」みたいな

感じで目指しちゃったんです。

この辺に「目標設定の質」の肝があります。

その時点を考えてみたら・・・
イメージできる範疇を超えた「目標」ですよね。

だって、10kmすら完走したことも無いのに、日頃走ったことも無いのに。

この辺、肝です。

動画だってブログだって同じです。

想定の範囲を超えたところの「目標」が西田を動かし続けた

目標ー現在 が 差を生み出すので、潜ちゃんが発動して、そこに向かう「動き」が現れます。

ビジネスだって同じですね。

しかし、想定の範囲を超えたところの「目標」さえ願ったらなんでもそこに向かえる?

それなら世話無いよ・・・と石が飛んできそうです。

一回まとめましょう

想定の範囲を超えたところの「目標」、イメージできないレベルの目標が現在を動かせるらしい

こんなところでしょうか。

またまた長くなるので、続きは次回、イメージできないモノをどうやって設定するの?ですね。

にしだ拝

 
無料講座購読
【今の戦力のまま半年以内に銀行預金残高を3.8倍にする方法】
全7回の動画と「お金が残りやすい会社にする方法(無料PDF)」で手に入れてください。
【こちらを今すぐクリック!】

Pocket

follow us in feedly