自分だけ稼げばいいなんてカンタン

Pocket

こんにちは 西田です。

5カ月のトンネルを抜けた僕の頭の中に何が起こっているのか、を何回かに分けてお伝え、お話ししていきます。自分が稼げばいい、儲かればいい、自分のアットマークをあげればいいだけなら事業ってカンタン。

僕のしたいこと、成し遂げたいことは、経営コンテンツの数へのリーチ、お届け。アルケミーという講座でもコンサルティングでも個店、個人事業、小さな事業へのアドバイスの基本的な一歩は値上げになります。

数量×単価 = 売上 を上げるアドヴァイスでなにも別に珍しくないです。ならば、自分の事業で、僕が売上を上げるためには単価を上げていき、かつ、儲けの少ない単価の事業を行わないで、数を少なくし、そのかけ算の最大化をねらえばいい。

ぷらす単価の部分を年間の購買回数にも分解した場合、年間購買金額としてその数を増やしていけばいい = たいていの場合リピートです。

それが、小さな事業の鉄則なのですが、僕のしたいことは、経営の通販化です。
通販はCPFでいえば、入り口 c で数量の最大化 で、そのうしろの施策でFをしっかりやって、年間購買数を増やす。

巷間、通販でも結局同じ問題を抱えているのですが、たとえば化粧品でもダイエット商材でも、売れたけどしっかりと使ってもらえない・活用できないので結果に繋がらない。

そうすると、リピートにならない。経営コンテンツでも同じ。経営の通販化をして、入り口を最大化してもなかなかコンテンツ、教材だけお届けしても自社で取り組めない、結果がでにくい。

そうすると、普通どうするか?リアル講座をやるわけです=アルケミー。つまり自分がボトルネックになる現場での納品を続ける。これは普通に考えて数への最大化がカンタンでは無い。なが~~~~い年月がかかります。それも重要ですが、、、、、。

僕はもっと急いでいます。今、小企業、一人型起業、SOHO型が普通になりつつあるなかで、そういうお届けまで何十年も掛けて、累計何万社です、なんて、昭和なスピードでやっていたら、

届かない人達がそれだけ、利得を得るのが遅くなる。

もっと速くする必要がある。

他の方法は?

コピーを増やす・教える人材を育成する・支店・支社を開くことで現場、リアルの接点を増やし、数を狙う。これも、昭和なやり方です。そのコピーの品質担保に多くのエネルギーを割く。

どうしたらいいんだ?

(結局、おれが死ぬほど働けばいいのか?巡業すればいいのか?そんなモデルでやっている人がたくさん知っているけど、、、、、数は知れている)

僕は、

10万社/者にお届けしたいのです。

「何年もかけて何十社をよくしました」とか「100社のクライアントがいます」なんてのはだめなんです。また、「ただ」「単に」セミナー受講した人が1000人です、2000人ですなんてのもだめです。あれは自分が儲かるだけで、受けた人はマスターベーションです。

そういうひとにたくさんたくさん、発信して、少数の成功者をクローズアップして自分だけお金持ち生活をFBとかブログで見せびらかしているバカなやりかたなんてもっとだめです。

(だから僕の生活なんて、憧れるような生活なんてしていませんし、そんな発信もしていませんし、新しい読者の方は、西田の生活に憧れるようなものはありませんので、あしからずです。)

でも、そのやり方は僕にとってはだめでも、その人達が憧れの生活を見せることで、そそのかされて、やってみて、たまたま上手くいってしまって、でも経営をろくにできない「宝くじが当たってしまった起業」の起業家にも届けたい。ああいう人達の向こう側にはああいう経営音痴が増えるだけなので「数年後の屍」を増やさないためにも・・・。

ああいう人達はみせびからすことで、次の「昔の自分」をカモにするしか方法を知らないから経営なんて学んでいるわけがありませんし、カモを量産かつ毎回生み出すことで「マグロ」のように一応、生き続けるそんなビジネスですから経営の必要性に気づきようがありません。

にもかかわらず、ああいう人達は、決して「異文化」に足を運べません。ましてや経営なんて・・・そんなヒマがあったら「カモ量産手法」を今日も明日も学び続けています。

すると、そこに僕は情報をお届けできない・・・。それもなんとかしたい。

とまぁ、色々な「それじゃぁだめだ」「その方法だと、あっちを立てるとこっちが立たず」みたいなことが一杯あって、この5カ月いろんな情報を組み合わせて「解」を探していました。

それがなんとかなる方法が見つかったのです。まだ、原石で、ビジネスモデル化していませんので、なんとも説明できませんが、これから毎日書いていって、わかりやすくお伝えしていきます。

にしだ拝

無料講座購読
【今の戦力のまま半年以内に銀行預金残高を3.8倍にする方法】
全7回の動画と「お金が残りやすい会社にする方法(無料PDF)」で手に入れてください。
【こちらを今すぐクリック!】

Pocket

follow us in feedly