1億総活躍社会のあたりまえ

Pocket

こんにちはザ・コアの西田です。

1億総活躍社会でしたっけ?

あれって、

「みんな年金払えねぇぞ、
 自分で働いて稼いでくれよ」って

ことですよね?

NISAだって、
「おまいら、小市民も株式市場の
 カモになれ、タンスにしまってないで」って

ことですよね?

そういう記事をみて、

「国がこんなじゃがんばれないですよね~」

なんて

のたまって、それに共感している
バカな人達が一杯いる。

だから、やられるんだろ、と
言いたいのですが、、、

言ってもせんない、ですね。

1億総活躍なんて、何を言うんだ!

俺は

「引退して年金で悠々自適に!」

なんて、誰がそんなアホな物語を
信じているんですか?

アホですかね?
そんな昭和のざれごと。

僕は城山三郎の
『毎日が日曜日』を読んだときに
一生働く=自分の意思として
仕事人の現役を通すことを決めました。

24,5位だったと思います。

が、自分が働くつもりでも

よぼよぼで不健康で、
無能で、商才もなく
金も無いじいさんは縁日のひよこ

金のあるじいさんは
金のひよこ

そんなコラム?を読んで思ったことが
もう一つ。

市場から価値を支払っていただける
仕事人としてやり通せる仕事をしようと決めました。

だから、今、流行りの仕事はしませんし
流行りそうな仕事もしませんし、
流行らないからやらないでもありません。

普遍的に、
どんな経済になっても
どんな環境になっても
求められるモノはなにか?

少なくてもいまの資本主義が続く限り
続く「仕事」をしたいと考えました。

年金が等価以下であることは
20年以上前に知って、
「結論」を出しました。

昨日の動画は
「利益」についてです。

[VIDEO] 売上を気にしない人がお金が残る
→ こちら

ドラッカーは利益は事業の目的では無く
その妥当性をはかる指標に過ぎないと
いいました。

ならば、

目的と目標の関係からすれば
利益を目標にしていい。

人それぞれ、人生における
事業の位置づけ・目的は違えども

目標として利益を据える。

利益は、超低成長時代の
江戸時代からテーマでした。

バブル崩壊以後、デフレ期~2025~の
来る低成長時代。

扱うのは「利益」。

しかも、利益を出せる、出せ続けるのは
事業の才能に左右されるのでは無く

「ロジカルに仕組み」で手にできる。
そうすれば、

 凡人の
   凡人による
     凡人のための
        成功法則

として誰でも再現性が高くなる。

そんなことを考えて、
作り上げたのが

METHOD OF THE COREです。

よく飽きませんね、と
時折聞かれます。

商いは飽きない。
飽きないではない商い。

明日話します。

この話にも通じますね。

[VIDEO] あきらめが悪い人がお金が残る
→ こちら

・飽きることなくつづけられ
 =2,30年単位で、

・人に普遍的に求められ
 =時代が変われども

・肉体も健康を維持していける
 =すべての資本、今の肉体を作っているのは
 おそらく、数年前の生活
 今の生活は数年後の自分の肉体

こんなことに気をつけながら
やってます。

にしだ拝

追:銀座のネオンがむっちゃきれいです。
クリスマスシーズンの銀座にきませんか?

遠方の方だけで無く
【銀座デビュー】(笑)

年内最後です。

 → 12/22(火) 17:00~21:00(16:45開場) 銀座開催 懇親会あり

新年第1回

★1/13(水) 17:00~21:00(16:45開場) 銀座開催 懇親会あり

「けっこうがんばっているのに
 お金が残らない、なんで?」

これって、スタッフにも言えない
経営者仲間には言えない
家族にも言えない

ようは誰にも言えないんですね。

んが、ここでは言える。

みなさん、ここに来て
赤裸々にいいます。

「なんか西田さんの言うとおりで
 ずばっと!」って。

で、その原因も分かるような
分からないような、、、。

その原因がわかります。
対策がわかります。

それが3,000円です。

懇親会もあります。
悩みもみんな同じです。
業種はみんな違うから
盗む盗まれるありません。

逆に参考になることばかりです。

良かったら時間を割いてみて下さい。

→ こちら

12月も年内開催ラスト

各回5名で今、もう、
どれも2~3名ずつ埋まっています。

〆切になるかも知れませんので
来年、経営の改善をしょっぱなから
取り組みたいなら今すぐ!

無料講座購読
【今の戦力のまま半年以内に銀行預金残高を3.8倍にする方法】
全7回の動画と「お金が残りやすい会社にする方法(無料PDF)」で手に入れてください。
【こちらを今すぐクリック!】

Pocket

follow us in feedly