起業家の経営センスとセンサー

Pocket

今日は「経営」と言う言葉について
ちょっと語ってみたいと思います。

僕が情報を発信している、お届けしたい
お客様って、1人型経営で1人ビジネスで
アラファ(起業5年生)くらいで、

なんとかここまでがむしゃら・・・、という
起業家として愛すべき同胞です。

その1人型でアラファ(起業5年生)には
経営がもっと必要だ、って話です。

なんでこんな話か?

経営を僕らはもっと知る必要があるからです。

もう、何度も書いていますが、
僕らの肉体に喩えれば、精妙なその人個人の生きてきた環境に適応した
バランスの上で、絶妙に上手くいっているように
つまり、どこかのバランスを崩すとつまり体調が悪くなる。

でも、その対症療法だけすると、いつかツケが来る、
そういうのは分かっていても、
とりあえず解熱剤を飲んでみたり
頭痛薬を飲んでしまったり、
便秘なら下剤的なものを飲んだり
軟便なら、整腸剤を飲んでしまったり、

根本にはアプローチしません。

経営も同じで、精妙なバランスの上で成り立っていて、
時折、経営の調子をクズしても
セミナーとかで見た整腸剤とか頭痛薬みたいな
対処をするとまぁまぁ、良くなってしまいます。

それは、体調不良の原因を体の奥に押し込み
無理して働いて、どこかで、倒れる、に似て
経営もどこかで倒れる可能性はたくさんあります。

でも、

火災保険や、入院保険と同じで、

「そうならないと大事さがわからない」

ただ、なんとなく、おかしいと気がつける
センサーを持っている人は

1人型経営でなんとなく、、、、
売上が上がっているけど・・・
利益がだんだん・・・
忙しいのに、お金が残らないのはおかしい・・・

と気づけます。

その時に、ちょっと経営のコトを知っていれば
医者に掛からなくても
自分で対処することが出来ます。

とまぁ、体になぞらえて、経営はバランスだ、
対症療法では行けないんでは無いか、と

お話ししたわけです。

で、それは、、、、今の経営のもう一段上、

@2000、3000と成長する気持ちのある人に
伝えたくてお話ししました。

「普通」に暮らすだけなら体だって、
適当に対症療法でなんとかなります。

でも、負荷が高い、スポーツマンとか
アスリートだとしたら

バランスの微妙なくずれは、
大きなケガの原因になります。

なので、「もっと上を」目指していて
なんだかおかしいを感じているなら、
ぜひ、経営をもう一歩理解、して活用してもらいたいと
おもってこんなお話しをしました。

経営はわかればわかるほど、
おもしろいです。

自分のビジネスが、手に取るようにわかりますし
人のビジネスも手に取るようにわかってしまいます。

DMC 西田光弘拝

あなたの友達・親戚に経営の情報が必要な時に教えたいと思う良い経営の情報がおありですか?
ある → ぜひ、その方を教えてあげてください。
ない → 良かったら私の情報をお届けいたしますね ↓ ↓ ↓
メルアド1分で登録できます。
  ↓
【こちらを今すぐクリック!】

Pocket

follow us in feedly