フレームワーク:8つの要点

Pocket

こんにちは 西田です。

96万4,030円分のプレゼントを受け取ってくれますか?

【VIPメンバー】

→ こちら

あと、明日、明後日の2日間ですが、

あと、数通かけて、以下をお伝えしてきますので
良かったら参考にしてください。

あなたが、経営をもっと良くするために・・・

ここでしか学べない情報・考え方・フレームワーク:8つの要点

まず、今日は一気に一覧しておきましょう。

─────────────────
要点その1:
─────────────────

《できる》《売れる(儲かる)》《勝てる》の三角形で
最良のポジションとは?

1人ビジネス立ち上げの段階とそこからブレイクしていくときは
全く方針・作戦が違います。

1人ビジネスの基本は関係性です。関係性の中で
ビジネスをしている限り、ライバルはいません。

しかし、売上の増大(往々にして利益の増大と一致しない)とともに、
勝ち負けのある「市場」に出て行きたくなるのが
事業家の冒険心・(女性でも)

自分の中にある「男の子的」なものに抗えずに…。

─────────────────
要点その2:
─────────────────

お役に立てれば儲かるという錯覚を吹っ飛ばし
しっかり儲ける考え方とは?

1人ビジネスの関係性ビジネススタイルに
とどまっているうちはこの問題は発生しません。

しかし、もっと成長させたい・大きくしたいという欲求とは
相容れない「真実」が横たわっている…その真実とは。

─────────────────
要点その3:
─────────────────

がんばるほど粗利が下がる理由を理解し
がんばった分だけ儲かるには?

がんばってお客さんに喜んで貰おうと
すればするほどじり貧になっていく
こわい「市場」とは?

もちろん仕事はがんばるのですが、
「がんばりかた」が正しい方向を向いていなければ、やればやるほど、、
そしてこれは「レア」なケースで
「交通事故」みたいなもの、、、、ではありません。

十中八九陥るパターンです。

知っていれば避けられるのですが…。

─────────────────
要点その4:
─────────────────

あなたが気付いていない売上や利益を
上げられないたったひとつの理由

誰しも事業を始める以前の「毎日」があったはず。

仕事も遊びも生き方もすべて含めて
その「以前」と「今」と「未来」が
一致していないあることがわかっていない
と間違った方向に努力をしてしまいます。

─────────────────
要点その5:
─────────────────

あなたに最適の「利益を最大化する顧客との接し方」とは?

昔昔、レコードというのがありました。
レコードにはA面B面というのがありましたね。

同じレコードですが裏表、通常の表が
メインとして売り出されますが、
ごくたまに、B面のシングルカット・ヒットみたいなことがありました。

時期とかタイミングによって
B面の方が爆発的にヒットしてしまう、
そんなことがぼくらのビジネスにもあります。

B面の時のビジネスの対処の仕方を知っている、
ガチッと利益を確保できます。

知らないと指をくわえて…。

─────────────────
要点その6:
─────────────────

過去の話のはずの「日本の高度成長」から
成長と利益を手にする方法とは?

西田光弘は子供の頃が高度成長、
そして成人~低成長時代~現代を生きている年代ですが、
体感として憶えている日本の高度成長。

この特長や事業家としての行動の仕方を
知っておくとそこに利益の源泉がある。

また、やっていけないこと
・してもいいこともはっきりとわかります。

え?日本の高度成長 なんて関係ないって?

大ありなんです(笑)

─────────────────
要点その7:
─────────────────

値上げをして決していやがられない商売
・必ずいやがられる商売とは?

値上げをお客様に伝えたシーンを想像して下さい。

どんな対応でしょうか?

お客様の対応の仕方によって
あなたの現在のステージがわかります。

値上げは勇気も必要ですが
やってみると事業の成熟度を測る
リトマス試験紙としても機能します。

その理由を解説します。

─────────────────
要点その8:
─────────────────

利益を倍々に増やす最効率の
レバレッジ・失敗するレバレッジとは?

レバレッジ。多くの人にとっては
あまり縁のなさそうな「ベンチャー」
「上場を目指す」「イケイケ」みたいな感じがしませんか?

実は、あなたも僕もかなり密接にレバレッジを使っています。

レバレッジを使っては、ビジネスに金属疲労を起こして、
事業としての成熟する機会を奪っている
・痛めつけていることがよくあります。

レバレッジは適切につかうべきものでもあるし、
知っていれば、使い訳ができるようになります。

無知は怖いんです。

などなど、全部は解説できませんが、
いくつかを

お伝えしていきますので

あなたの個人の課題に当てはめて
読んでもらえればです。

急ぐ場合はこちらから

【VIPメンバー】

→ こちら

                  にしだ拝

あなたの友達・親戚に経営の情報が必要な時に教えたいと思う良い経営の情報がおありですか?
ある → ぜひ、その方を教えてあげてください。
ない → 良かったら私の情報をお届けいたしますね ↓ ↓ ↓
メルアド1分で登録できます。
  ↓
【こちらを今すぐクリック!】

Pocket

follow us in feedly