小さな会社の経営戦略セミナー【多能の罠】⑤後先順位のつけ方

Pocket

こんにちは、西田光弘です。

今回は一連の動画で「多能の罠」ということです。

この前の動画、何本かでお話をしてきて、「多能の罠」におちいると、今の自分がいるところ○から☆に向かっていくときに、自分が多能だからこそなんですよ。

無能だったらこのギャップを埋められる気がしないので、このたくさんのギャップに出てきた「やらねばならい」と勝手に思い込んだことをやる気にはなれないんですけども、ご自身が今までの経験上、多能なのでできる気がしているんですよ。

だから、どんどん、他社さんからの意見、お金の意見、それから自分の成功体験という過去からの意見によって、やれると思って頑張るんだけど優先順位でいっぱいになってオーバーフローするわけです。

じゃあ、「後先順位」。

「後先順位」は超簡単です。

「あとさき」ですから、やらないことを決める。

「なんだよ、そんなものそれこそ本で読んだよ」とお怒りにならないで聴いてみてください。

この「後先順位」を決めるというのは、その「後先順位」を決めるための質問を決めていないということに、だいたいの場合はうまくいかない理由があります。

この場合は○がここにあって、例えば販売とかマーケティングでこの☆に向かいたいとします。

そうすると、ここに横軸があるわけだから期間があります。

この期間において、いまの現状からこの☆に行くということを自分に質問をするわけです。

分かりやすくいったら、年収とか年商とか月商とか売上とかにしましょうか。

「その売上とか利益にするためには、いますぐにはやらなくていいものはなーに?」と訊くんです。

そうするとここにたまっているたくさんの「やらねばならないこと」が、「やらなくていいこと」になっていくということが分かりますので、それをぜんぶ除外していただくんです。

「除外のプロセス」というふうに呼んでいます。

次のビデオではこの「除外のプロセス」についての考え方と注意点をお話しますので、ぜひここにある「やらねばならない」と思い込んでいることを付箋にでも出しておいてください。

一人型の数字とお金の専門家の西田光弘がお送りしています。

こういった経営情報を毎日発信していますので、チャンネル登録しておいてください。

経営情報に興味がある、そして、いつも頑張っているのだけれども、でも思ったよりお金が残り辛いな、なんていう風にちょっとでも思ったことがある方、この下から「銀行預金3.8倍増やす方法」について動画・PDFでご案内していますので、今すぐ登録しておいてください。

【動画はこちら】

無料講座購読
【今の戦力のまま半年以内に銀行預金残高を3.8倍にする方法】
全7回の動画と「お金が残りやすい会社にする方法(無料PDF)」で手に入れてください。
【こちらを今すぐクリック!】

Pocket

follow us in feedly