霜降りのごとく浸透する西洋

Pocket

 こんにちは 西田です。

 もう、ずいぶんこのことばかりを考えてきました。

 「選択可能な西洋的なものを除外する」

 去年の年始頃、着物生活をしていたのを
 一部の人は知っていますが
 あるところでやめました。

 和服・洋服は選択可能ですが
 洋服を選択しました。

 でも、選択不可能なものあります。

 子午線とか
 KG原器にもとづく重さに関する生活とか
 太陽暦とか選択不可能なものもあります。

 貫目で生活することは選べるかも知れませんが
 実生活上不可能でしょう。

 衣食住、ありとあらゆるものを無選択に受け入れて
 「西洋礼賛」していることに気がつかないほどに
 西洋型価値観で物事を判断していることに
 ずっとずっと問題意識を持ってきました。

 なんで、突然こんな話なのか?

 ビジネスとしての「資本家」とか
 「資本論」とか「成長」とか「お金」とか
 だから、西田塾アルケミーとか始めて
 それをまずは上手にやってしまいましょう〜

 としているのですが、

 それを突き詰めれば突き詰めるほど、
 西洋的な、キリスト世界的な概念が
 支配的に体の中を牛の脂身が霜降りにまんべんなく
 配されて、切り分け不可能になっていくその感じが
 たまらなく不快なのですね。

 オージービーフとか安い米国産牛肉は
 
 脂身は脂身、肉質部は肉質部でナイフで
 簡単に分けられます。

 ところが、この西洋型文化とか価値観は
 霜降りのように、自分の中に混入してしまっているんです。

 お金が上手くいって、その後、その先で何をするのか?
 何を大事にするのか?何に基づいて生きるのか?

 そんなことに僕はどうしても言及したくなり
 書いています。

 以前に書いた「正統テキスト」でも
 
 ⇒ こちら

 語りました。

 ・パスタに海苔をかけて箸で食べる日本人(あなた)

 とか

 ・「日本という方法。」だから「あなたという方法。」

 とか
 
 ・ならば、徹底的に日本でないモノを知る必要がある。
 向こう側から見る必要がある。

 とかとか。

 だからといって

 日本懐古主義とか
 日本の文化・文明を大事にしようと声高に叫んだり
 運動したり、そんな気はまったくないんです。

 だからといって

 ワインを飲むのをやめて、日本酒・焼酎にこだわり
 靴を履かずに草履で生活したり
 クラシックを聴かずに、雅楽を聴くことにこだわったり

 そんな生活も結局、西洋への対峙という意味で
 こだわっていることに他なりません。

 なんとか、

 この体から自然に「西洋」を抜き取っていきたい。
 
 例えば、

 今が99%染まっていて、
 1%が日本的なものだとして、
 
 もう、99%なんだからどうしようも無いじゃ無いかではなく
 1%抜き取って、日本的なモノコトが2%になれば、倍増な訳です。

 だから、あなたにどうしてくださいとか
 どうしましょうとか、提案すらありません。

 あ、ないことは無いかな。

 そのために、
 西洋をよく知る、
 西洋に触れる、
 
 西欧の歴史を知る
 西欧のすごさを知る

 そんなことに時間を費やすのも良いかもしれません。

 正統テキスト 
 
⇒ こちら

 がなにかの答えの扉を開くかも知れません。

 にしだ拝

無料講座購読
【今の戦力のまま半年以内に銀行預金残高を3.8倍にする方法】
全7回の動画と「お金が残りやすい会社にする方法(無料PDF)」で手に入れてください。
【こちらを今すぐクリック!】

Pocket

follow us in feedly