一人ビジネスこそ高次なエゴを満たせる。

Pocket

 新年おめでとうございます
 今年も西田光弘&一人ビジネスをよろしくお願いいたします。

 m(..)m

 さて新年初っぱなからガツンとした?話から行きますね。

 ▼

 僕は囚われているという話です。

 虜囚と言ってもいいでしょう。

 2000年にコミットしてしまった
 この「理念」をひたすら追求しています。

 僕の究極のビジョンでもある

 「凡人の凡人による凡人のための成功法則」の完成。

 実質完成はあり得ないでしょう。
 ただ、そこに進み続けてアキレスと亀みたいに、
 後半分、といいながら追いつかないみたいな。

 凡人の凡人による凡人のための成功法則としては
 いくつもの、皆さんに納得いただける「そうかぁ」という
 事例に基づいた定義を整理してきました。
 
 たとえば・・・

 僕の凡人の定義とは

 「所属しているもしくは所属したいグループにおいて
  トップ3%ではないこと」

 凡人の決断の3ステップ

 凡人はいきなり、決断をできない。
 ならば手順に従って決断しよう。

 それが、決断−判断−情報 の3STEPです。
 決断できないのは、判断できていないから
 判断できないのは情報が不足しているから
 情報の不足は内的情報と外的情報。
 
 これを逆に純にやっていけば、最後の最後だけは
 エイヤが必要だけど、
 崖から飛び降りるみたいな蛮勇の決断はなくなる。

 これを知勇という、とか

 こういう、毎日毎日の僕の仕事は

 凡人たるぼくらの起業・事業の成功が
 未知の怖さをひとつずつ取り除いていき

 「あ、そうか」と思うような知を細分化して
 階段状に並べていって、気がついたら、
 目指していた目標に到達していく。

 そんなメソッドづくりです。
 もう10年やってきました。

 「十年偉大なり、二十年畏るべし、三十年歴史なる。」

 もう、歴史は作られ始めています。
 10年経ちました。
 
 この一人ビジネスの凡人法則の完成は
 僕1人でコツコツコンテンツを作っていても
 できあがりません。

 みんなという一人ビジネス経営の当事者がいて
 その1人があなたもそうかもしれません。

 あなたや他のみなさんのフィードバックがあればあるほど

 この凡人法則は完成度を高めていきます。

 その完成度のために・・・

 今年は、けっこう「ギョッ」とすることで
 1月の幕を開けようと準備しています。

 楽しみにしてください。

 その連続で一年経って・・・来年の今頃、
 一人ビジネスは、次のステージに行っている気がしてなりません。

 でも、どんな風に次のステージに行っているのか?は
 さっぱり分かりません。

 ただ、そんな「次のステージに行く感」は
 どこから来ているかというと・・・

 ほぼほぼ、どんな事業家の人でも必要なメソッドが
 整ったのでできるステージに突入しました。

 その次のステージに行くのに
 僕がこのビジネスで最も大事にしたいこと。
 
 これも変わっていません。
 もっと強力になっています。

 『1人ビジネスであなたも年収1000万円稼げる!』の
 2003年の頃から言っている話ですが、

 「家族」です。

 ○○稼ぐとか自由なライフスタイルとか、
 どうのこうのどうのこうの、は全て

 「家族」に収斂します

 昭和のビジネススタイルは、
 
 日本のためとか、
 物的成功とか
 集団のためとか
 社員のためとか

 そういう家族を顧みない猛烈親を見て育った僕らが
 今、昭和のスタイルから脱して、

 次のスタイルを準備・実践・背中を見せて行かないといけないんです。
 そして、それはサラリーマンでは
 思い通りに背中を見せられない。

 やっぱり誰かに主導権を奪われているから。

 実現するのは、起業家です。
 その起業家が結局、昭和のやり方で

 家族よりも「ポチ」が大事

 そんな経営をしていたらいけないんです。
 
 今、これから2025年に向かって・・・全部違います。

 もっと高次なエゴのためでいいんです。

 その理由を僕は僕なりに
 こんな風に考えている、と言う話を次回します。

 何はともあれ、今年もよろしくお願いいたします。
 
                      にしだ拝

 追:僕の尊敬の順番について

   家族のために「ポチ」であり続けるサラリーマンの方を
   心から尊敬しています。

   ポチが嫌で起業したくせに、
   ポチから生命力を奪い続けて自己実現ごっことか
   経営ごっことかして、「家族よりも「ポチ」が大事」な
   アホな経営者よりよほど人生の価値観がはっきりしていますから。

Pocket

follow us in feedly