3時間で7億

Pocket

 利益診断士 西田です。

 7億円。

 今日の西銀座チャンスセンターはすごかった。
 え?こんなに並んでいるの〜、すげ。
 
 と、、用がある歩道を歩いていると
 まだいる、まだいる。

 まだいる。まあだ続く、横に曲がって、
 まだ続く、そのずっと向こうまで。

 売れた瞬間に50%が控除されて、
 その半分が「当たり」の対象だからどうのこうの。
 そんな理屈は「あたる俺には関係ない」って感じでしょうね。

 天下り反対〜、とか公共投資にばらまくなぁ〜とか
 叫んでいる人の中にもきっと買っている人いるでしょう。

 宝くじの財団、全員天下りだそうです。
 お金を手にするかしないかのひとつの要素に
 一貫性があると思うのです。

 もちろん「清貧」という一貫性には
 お金は流れ込んできませんが
 それは覚悟があっての一貫性でしょう。

 こう、いっていることとやっている事がばらばら・・・
 ということに気がつかずに
 一貫性を崩しているということに
 僕は気をつけたいと思っています。

 自戒、自戒。

 適切な知識・知恵を身につけ
 適切な期間、適切な量の行動を投入し
 適切なチェックを繰り返して
 
 それで結果がで無い場合は、どこかに一貫性とか
 知識とか行動の種類とか、量とか修正の変数があるわけですよね。

 宝くじの適切な知識・・・ 
 日曜日 大安に西銀座の1番に
 寒くても我慢して3時間並んで,
 適切な連番と適切なバラを買って
 それを毎年繰り返す・・・と。

 経営の勉強とかしている暇ないかな。
 もちろん実践なんかしている暇ないよね。
 あ、チェックもする暇ないなぁ・・・。
 
 いや、まさか宝くじは買っていないでしょうし
 まさか、宝くじみたいな、
 マーケティングや営業をしていないでしょうし?
 まさか、宝くじみたいに
 運任せの仕事もしていないでしょうし、
 年末ジャンボとサマージャンボだけ買うみたいな
 気まぐれDMとか気まぐれ営業とか
 気まぐれ販売とかしていないでしょう。

 適切にやってない?
 そうですか、すこ〜し、こちらなんか読むといいかもしれませんね。

 → こちら

 今日、無料の締切です。
                            にしだ拝

 追伸で余談:

 年末ドリームジャンボは
 売上2000億切るくらいだそうです。
 
 何人買うんだ?と割り算。
 
 5000円くらいだろう・・・とすると、
 4000万人?嘘?それじゃ、
 大人の人口の2人に1人じゃ無いか・・・。
 
 じゃ、2万円/人くらいとしたら・・・1000万人?
 大人の7,8人に1人?本当?これ計算間違っている?
 
 あっているとしたら・・・。
 あ、あってるか、、、学校の一クラスとかで見たら
 クラスに5,6人買っているやつがいる。

 まぁ、そんな感じかな。

Pocket

follow us in feedly