微差が大差を生む

Pocket

こんにちは 西田です。

アラファ(起業5年生)なら、ある悩み。

・今のビジネスステージを1段、2段あげたいなぁ

・会社から支払う実質の役員報酬を1000万円にしたいなぁ
・自分でのやりかたに限界を感じている?
・あれもこれもやりたいことはうかぶけどどれに絞ったらいいか・・・。
・今やっているビジネスが落ちてきている、決定的な方針がない
・昔は分かったお客さんのニーズが分からなくなっている

などなど、ある、ならば、
今月後半にお届けする、2,3つの企画を楽しみにしてください。

その前に今日、電車の中で思いついたことを
お伝えだけしておきたいと思って書いています。

「知りたくなる微妙な差・別に知りたくない微妙な差」

です。

これは感性の部分が多分にありますし、
蓄えてきたDBの質とか量とかによって
興味の対象が違います。

知りたくなるから偉くて
知りたくないからダメ、とか関係ありません。

それは個人の感性。

ただ、どんな対象であれ、
「あ~それってあるなぁ」と思ったのが

「知りたくなる微妙な差・別に知りたくない微妙な差」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

なんです。
これを経営という対象に置き換えると、

いつも出す例で恐縮ですが

都会人は雪が2,3種類、ぼた雪と粉雪くらい認識できる。
東北とか雪国の人が、歌にもあるけど7つの雪が見分けられ
どうやらエスキモーが30種類?らしい、と。

仮に僕がエスキモーの生活圏に行って
生活する必要があったり、そうしたいと願ったとします。

雪国で住まうための住居を作るとしたとします。

ぼくが僕の基準で「雪」について「知りたいことだけ知って」
「別に知りたくない微妙な差」は無視して住居を自分基準で造ります。

で、生活していたらその自分なりに作った住居は
嵐で吹っ飛ばされて死ぬんでしょうね、きっと。

エスキモーの生活圏に行ったのならば、

エスキモーが

「住居に適切な雪」とそうでない雪の微妙な差とか
「土台に適切な雪」とそうでない雪の微妙な差とか
「天井に適切な雪」とそうでない雪の微妙な差とか

があるんでしょう。

エスキモー基準のところに住まなければ

今自分が知りたい微妙な差、でも許されるとかそれでもいいじゃんとか
まぁいいんじゃないのとか、あるかもしれませんが

場所とか場合とか目的によっては、
自分のDBを基準してこだわって
微妙な差を放置すると死んじゃう。

それが

経営でも同じと思ったんです。

@が低いところで定位安定したいのなら
見たい「微差」は自分の今までをつづけたらいいです。

目指したいところが高い。

微差は自分基準ではダメです。

もしくは、

高いところは目指したいが今の自分からしたそれは高すぎる。
だから、その一歩手前で止めて、二段ロケットにする、とする。
その寸止め感も未体験なコト。

これも微差は自分基準ではダメですね。
なかなかにカンタンではない、微差があります。

じゃあ、そういう微差はどう知ればいいのか?

ふつうは本ですね。
たまたま、先日紹介しました
人気のある税理士事務所の所長が出している本があったので
買って読みましたが、

はっきり言って、

全然ダメダメ過ぎます。

こんなの読んでいたら、むかついてきて火付けて燃やすか
電車で読んでいたら

ホーム降りた瞬間に
ビンカンゴミ、もえるごみの箱に
スラムダンクしてたたき込みたくなります。

かなり、まじめに、

「一人ビジネス型経営」×「猿でもわかる死ぬほど簡単」
×「知識ゼロ・ステップバイステップの悶絶カンタン経営戦略」

の本を出版したくなりました。

「一人ビジネス型経営」の背の高さで、
行きたい高さに合わせた、何を大事にしていいのか?の

微差を考慮に入れた

経営計画を作る。

その作り方を提供すれば
そのできあがった経営計画は過不足なし、ですね。

なぜかわかりませんが、僕にはそれができるのです。

その「さじ加減」が自分だけしかできないのがはがゆいので
本にでもしたいなぁ、と今は漠然と思っています。

世界でたった一つだけのあなただけの経営計画書。

ほしくありませんかね~。

 

にしだ拝
▼ 以下はいつものメッセージ・・・。
大切なのは:「順番」

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃《重要》世の中に情報・「知」がたくさんあるけど・・・
┃多くは無料で手に入りますよね?有料と無料の違いとは?
┃知の内容・濃さ・量ではないんです。
┃お金を払ってでも知りたいのは「順番」。
┃知の順番・習得の順番こそ多くの知の体系の「奥義」。
┃「順番こそ価値」 覚えておいてくださいませ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Pocket

follow us in feedly