@2000万フレーム?事業廃業?路線変更?

Pocket

こんにちは 西田です。

【@2000万の安心・安全フレーム by にしだ】

今日、日中のこと・・・銀行に行って手続き中に雑誌を読みながら
@2000万について考えていて、逆のことを考えていました。

事業家の不幸ってなんだ・・・って。

それは、こう・・・

→→→→→→→→ ベクトル –本当は少し斜めに– が

向かう方向に慣性と共に動いていて、

その慣性に逆らって

・事業をやめる
・倒産する
・破産する
・事業転換する
・ギブアップする

などが出来ないことだろうな、と。
~~~~~~~~~
そのベクトルの先 → の先ですね、
そこにある「到達点」が別に自分の行きたいところじゃない。

そのプロセスも別にやりたいコトじゃない
顧客も別に心底付き合いたい訳じゃない、

止まれば転ぶか、止まっても他に当てがないか、
止まってもやることがないか慣性に逆らえないのか、
色々だと思いますが

なんにせよ、

変われない、変わり方がわからない、変わる後押しがない
変わる根拠がない、変わる説明もない、できない
変わってうまくいく保証もない

だから

「慣性」

これが意外と、多くの事業家に共通していると思うのです。

「不感症」「麻痺」して「感じようとしない」ようにして、
日々を過ごしている。

考えるともしかしたら不幸とか痛いとか、
不快とか気づいてしまうので
気づかないようにし続けている、
でも、「うす~~~~~~く」気が付いている。
でも、

蚊に刺されたみたいなもので、いっときは痒いけど治る。
蚊に刺された毒って、痛いのと同じ痛覚ですが、
微弱すぎて痒いと感じる、と昔聞いた気がしますがそれと同じ。

微弱な不快があなたに行動を起こさせるほどには痛みを伴わないのです。

そのあなたを動かすには?


あなた自身が、未来と今が繋がっていることに気が付いて
未来に期待とか希望とかを持って、
変化をアクティブにとらえられるようになる。

そうすると、変わりたくて仕方が無くなる。
変わっている途中も、変わっている今と未来が繋がっているので安心。

そして結果的に変化して、あ、やっぱり変化して良かったな。
(その新たなベクトルに向かっての)変化を肯定し始めて
もっとベクトルは変わっても良さそうな気がしてくるので

もっと変化に取り組む毎日になる。

すると・・・。
(その先に@2000がある変化じゃないといけませんが・・・)
もっともっと。

こういうMOREで人生が充満するといいと思うのです。

それを確信してもらうのが

【@2000万の安心・安全フレーム by にしだ】

 

そういう話なら手に入れたいな・・・の場合

 

→ こちら からメルマガに登録してくださいね。

Pocket

follow us in feedly